マッサージで出産サポート。メンズエステで勉強を!!

分娩中のマッサージ

分娩中のマッサージが痛みの緩和に役立ちますか?

マッサージで体に刺激を加えると、気分を良く作りながら自然鎮痛効果を与えるエンドルフィンが分泌されます。
エンドルフィンは大きく笑ったり、運動をした後、気分が良いときに分泌されるホルモンです。

分娩中のマッサージは、母親と保護者との関係をより親密にしてくれます。
陣痛の痛みに耐えて疲れ恐怖を感じたときに母親を見守る保護者の手は非常に大きな力になってくれます。

効果的なマッサージは、出産1期の痛みを緩和させ、不安を解消するために大きな効果があります。
正しくマッサージをすると分娩時間を短縮させ、産後うつ病のリスク下げることができます。

マッサージオイルを使用してもいいですか?

マッサージオイルを使用すると、マッサージをより簡単にすることができ、母親の気持ちも良くなります。
しかし、分娩時のマッサージに使用するオイルの選択には注意を払う必要があります。

エッセンシャルオイルを使用する前に、アロマテラピーの専門家と相談して、妊娠および出産に安全なオイルを選択してください。
エッセンシャルオイルは、非常に強力な効果がある物質であるため、誤って使用する場合、子宮の収縮が妨げられることがあります。
エッセンシャルオイルは、常にベースオイルで希釈して使用してください。
専門家は、エッセンシャルオイル2滴をベースオイル5ml程度に希釈して使用することをお勧めします。

分娩中、リラックスして痛みを緩和するのに効果があるエッセンシャルオイルには、ラベンダー、クラリーセージ、ジャスミン、ベルガモット、カモミール、フランキンセンス、マンダリン、ネロリ、ローズ、イランイランなどがあります。
ベースオイルのみ単独で使用しても大丈夫です。

肩のマッサージ

分娩中の肩の緊張を解く定期的に呼吸するのに役立ちます。
規則的な呼吸は、母体と胎児に酸素供給を極大化させます。
母親の肩に手を置いて、ストレスで縮まった肩を自然に展開できるようにこすってください。
そして一定の速度で圧力をかけながら、肩から肘までブラシを下ろしマッサージしてください。
母親は、マッサージの効果がどうなるか、どうすればいいか配偶者に伝えてください。

手を肩の上に上げ、親指を使って、肩の骨の周りを円を描くように指圧する方法もあります。
強度が適正か、マッサージの速度が速すぎはないか、多くの場合、母親に聞いてみてください。
マッサージをするときは、あまりにも夢中に早くするのではなく、ゆったりとしたことが重要です。
マッサージをする理由は、緊張を緩和させ、呼吸を整えるためにだが、あまりにも急いですると、むしろ呼吸を弾ませすることができますからね。

マッサージ用のベッドも大切です。
妊娠中だからこそ色々な所に気を配りながらマッサージを受けて下さい。
その中でマッサージ用のベットは重要ですので店舗マッサージの場合は妊娠中である事をしっかりと告げ マッサージ用のベッドも出来る限り柔らかく体が沈み過ぎないベッドにしてもらいましょう。

分後期に入ると、親指と手首が出会う部分を利用して脊椎部位を指圧してください。
強い鎮痛に対応するために、マッサージの圧力もある程度高めます。
両方のお尻の端部分も親指を使って円を描きながらじっと押してください。
母親は、マッサージを受けながら、どのようなマッサージが痛みを軽減するために最も効果的であることを話してください。

足のマッサージ

足のマッサージをくすぐったいと感じる人が多い。
しかし、適切な圧力をかける足をマッサージしてくれれば気分転換になることができます。
あまりにも優しくするとくすぐったいと感じることがあるので、圧力を調節することが重要です。

分娩中に長い時間座っていたり、ベッドに横になっていると、足のマッサージほど良いことがありません。
単純に足首からつま先まで撫でたり親指を使って足の裏に円を描きながら指圧してくれれば気持ちよいです。
分娩中に足が非常に冷たくなることがありますが、足のマッサージを介して血液の循環をスムーズにしてくれれば足を暖かくすることができます。

手のマッサージ

母親が硬膜外麻酔をして、ベッドに横になっている場合には、肩などのマッサージはしないでください。
また、足には感覚がないので、マッサージをしてくれる必要がなくなります。
このような場合には、手のマッサージが緊張を解く事に非常に効果的です。

母親の両手を交互に手のひら、手の甲、手首から指先まで指圧しながら撫でてください。
手のひらに小さな円を描きながら指圧をしてもされて、指の一つ一つを引っ張って緊張を解くことができます。
手のマッサージは、配偶者と母親の間に親密さを感じさせてくれ分の経験をより特別にしてくれることができる方法です。

母親がマッサージを拒否すると、どうなるでしょう?

配偶者が出産中にマッサージをしてあげよう練習をしておくたが母親がマッサージをしたくない場合は、失望感を感じることがあります。
いくつかの母親は、陣痛中に他の人が体に手を出すことを嫌うこともあります。
陣痛がひどすぎて、他の微細な刺激も耐え難くすることができます。
しかし、多くの母親は、マッサージを通して大きな効果を見て、最後の瞬間まで配偶者が継続などをこすりサイクルを望むこともあります。
配偶者は心を開いて、母親の反応を観察しながら、それに対応する必要があります。

出産という大事な時に夫が出来ることは奥さんが少しでも楽に出産できることをサポートすることです。 普段から気持ち良い箇所や強さを把握することで、出産のサポートをすることが出来るでしょう!! そのためにも、整体やメンズエステなどに行って心地良い圧力や箇所を体感し、とっておきのサポートが出来様に備えておくとよいですね!!

コメントする