イレズミ除去について考えてみる

イレズミというと、以前はどちらかというと暴力団とか特殊な人たちがするもので、一般人ではあまりそういったことはしていなかったと思います。

でも、海外ミュージシャンや映画スター、そしてスポーツ選手などがタトゥーを入れていることから、若い世代でも人気となり、体にイレズミを入れることをファッションと考え、抵抗がなくなっている人も多いようです。

でも、イレズミやタトゥーは一度入れてしまうと消すことが難しいものだということは忘れてはいけません。




勢いでイレズミを入れたが、やはり消したいと後悔する人も多いと効きますし、イレズミそのものに抵抗がなくても、出来栄えが気に入らないということで、イレズミ除去を考える人は多くいらっしゃるようです。

自分で行える方法としては、小さなものなら、カバー力のあるファンデーション、ドーランなどでカバーできるようで、芸能人の方なども入れている方も役柄に合わせて、このような方法で一時的に消しているようです。

でも広範囲に入れている場合は厳しいと思います。




イレズミ除去の一般的な方法はレーザーで少しずつ消しいく方法で、小さいものなら、これで目立たなくできると思います。

広範囲に入っている場合は、切除したり皮膚を移植する場合もあるようです。

でも、このようなイレズミ除去は元のようにきれいな肌になるのではなく、肌がケロイド状になったり、傷が付いたりするもので、どうしても痕跡は残ってしまうと思います。

イレズミを入れるときは簡単に消すことができないものということを忘れず、安易な気持ちで入れないことが大事と思います。

コメントする