子育ての上ではなかなか大切なところですそんなわけ

子どもは木登りは好みません。

それはそれで日本人独特の美徳なのかも知れませんが、自分のことだけならともかく、子供まで謙遜の対象にするのは、少しばかりおかしくはないでしょうか。
家族や親子でも個人は個人、という考え方が日本人は苦手ですから、子供のことも我がことも区別ができにくいのでしょうが、あくまで子供は親の従属物ではありません。いきすぎた謙遜は侮辱でしかないのです。
お母さんだって、ご主人に目の前でいやあ、こいつは何もできない澄でね
と言われたら、いい気持ちはしないでしょう。まして大人ほど社交儀礼に通じていない子供は、お母さんの言葉を額面どおりに受け取り、傷ついてしまいます。事実、こういう言い方をしている時のお母さんは、子供に対して腹立たしい、ちょっと憎たらしい、という気持ちをえてして持っていますから、それは敏感な子供に伝わります。父親の生き方また、この機会に少し皮肉たっぷりに言ってやったほうが、心から恥ずかしいと感じて反省するのではないか、などと考えているのでしたら、とんでもない間違いです。子供にもプライドがあります。とくに同級生や友だちの前で、子供の人格をけなすような言葉はタブーです。
お手伝いの報酬は言葉だけで充分【禁句】「手伝ってくれて、どうもありがとう。
おつりはお駄賃にあげるからね」
【名句】「手伝ってくれて、どうもありがとう。
お母さん、本当に助かったわ」
「あら、おしょう油が切れてるわ。
カズオちゃん、ちょっと買ってきてちょうだい」
晩ご飯の仕度に忙しいお母さんが、そんなふうに声をかけると、あげたカズオ君は、元気よく返事をしました。

  • 子供は満足です。
  • 母親の声に反応して必ず
  • 練習していませんでした。

子どもの前でよく言う。

うん、いいよ。いくらくれる?
読んでいた本から顔を私が小さかった頃、子供たちがお手伝いをしたり、何か良いことをした報酬に、お小遣いをもらうという習慣はありませんでした。子供たちは、親に何か用事を言いつけられれば、素直にそれに従ったものです。
が、一般的には今、いわゆるお駄賃制で子供を手伝わせる家庭が多いようです。子供のほうも心得たもので、冒頭のような会話も珍しくはありません。しかし、私はどうもこれには感心しないのです。
たとえば、こんな話があります。ある人が知り合いのドイツ人の家庭を訪れました。
ちょうど午後のお茶の時間だったのですが、その家の小学生の坊やが、かいがいしくキッチンと居間を往復し、あらかじめお母さんが用意しておいたケーキやお茶のおかわりを、タイミングよく見事にサービスしてくれます。
母さんにいちいち言われなくて
おかげで楽しい会話の途中でお母さんが席を立つということは、とうとう一度もありませんでした。
すっかり感心して坊や、偉いねと声をかけると、すぐにお母さんがこう受けました。
「この子はやさしくて、よく気の付く、本当にいい子ですよ。私も大助かりです」
それを聞いていた坊やの顔が喜びと誇りに輝いたことは、言うまでもありません。
この家庭の教育には、大いに学ぶべきものがあります。子供も家族の一員として自分にできる仕事を手伝うのは当たり前、しかもそれが家族の役に立ち、みんなが喜んでいると感じられれば、お小遣いやごほうびなど持ち出さなくても、子供は喜んでお手伝いをするようになります。
そして子供が仕事を終えた時にはありがとう
の言葉を、惜しまずにかけてあげましょう。子どもの面倒を見る余裕がなかった。

母になっても私はまだまだ修業中なのだと。

ご苦労さま
といった感謝やねぎらい子供が、役に立って嬉しいと心から思えるようなお手伝いならば、ドリルやワークブックを開く時間を削ってでもやらせるべきですし、これも成長のための大きな勉強です。
自立できる子に育てるには【禁句】
ご飯を炊くのはあなたの役目でしょ。
グズグズしないでちゃんとやりなさい!
【名句】「ご飯を炊くのはあなたの役目でしょ。
もし忘れたら、みんなが食べられないのよ」子どもの面倒を見る余裕がなかった。

子どもの面倒を見る余裕がなかった。

自分でできることは自分でさせる--これはしつけの基本であるとともに、心や積極性を養うための、重要なポイントでもあります。
子供の自立自分でできることの範囲はもちろん年齢によってまちまちですが、幼稚園の年少組にそろそろ通い始める111歳ぐらいの子供でしたら、ボタンをはめる、靴をきちんとはく、遊んだおもちゃの後片づけをする、といった程度のことは覚えられますし、小学校入学までにはひととおりの身の回りのことを教えておきたいものです。何度も言うように、子供のやることですから、まどろっこしくてイライラすることもあるでしょうが、親がヘタに手を貸すと、依頼心を強める結果にしかなりません。ここはグッと、ガマン、ガマンです。
ところで、自分のことはではなく自分でできることはと言ったのは、単に自分のための仕事だけでなく、家族の一員としての仕事の意味を含めたかったためです。


父親の生き方 子どもの言い分と実態をよく見つめ 学習をする