母親は生まれながらに胎脂を与えたとえ自分が死ん

育てること言葉で教えると同時

大体11キロ半から111キロの距離なので、歩きながら私は、道の両側にあるお寺をほとんど覚えた。お寺があるとどこにでも入って行ったのだから、ひとは変った子だと思ったかもしれない。
母からは、「夕方になるとひとさらいが、大きなかごや袋を持って子供を連れに来て、その中に入れ、中国に売るのだ」とよく言われていた。酢を飲まされ、どこかの骨を抜いてクニャクニャの人間にして、サーカスに売られてしまうという話も聞かされた。その頃はいまのように痴漢はいなかったのであろう。おかしなひともいなかった。
私がお墓場が好きだったのは、多分お墓場の石がものを言わず、沈黙を守っている姿にひかれたのであろう。凝然と立っていて、実におごそかである。そこにはそれぞれの死があり、墓石を前にして、おのずから厳粛になり、心が引き締まる。

  • 子どもに育っていくはずです。
  • 子供にこれだけ尽く
  • 子ども用の小さな布団

子どもを可愛がることから始まる

それが気持よい。
ぎょうぜんまた、町の道を歩くよりも、お墓場の道の方がよく清掃されていて、花もあってきれいだ。私はふとっているせいか、柔らかいものより固いもの、あたたかいものより、冷たいものにひかれる。また、
この子は体温の高い子だとよく言われ、私が六つのときに亡くなった祖父は、この子を抱いて寝ると温いから、懐炉がわりになると言って、いつも私を抱いて寝ていた。お墓場の石は冷え冷えしているので、一人でその感触をてのひらで味わい、ごめんなさい、ちょっとお席を拝借しますと、お墓にあいさつして花台のところに腰かけたりした。
思春期の若者たちは、友達がいなくてさびしいという悩みをよく打ち明けるし、小さい子供の悩みの中でも、一番多いのはやはり友達がいないことのようである。練習のやり方でもめてるんだぁ

母恋しの裏返しの感情でもあろうか。
母恋しの裏返しの感情でもあろうか。

子ども自身の発育の力

そうした悩みから解放されないことが、自殺にもつながっていく場合が多い。ハムスターだけが自分の友達だといって自殺した子がいる。中野区の子供たちの意識をしらべた結果の中でも友達がいないという訴えが圧倒的に多い。
練馬区では中学から高校へ行くとき、仲よしの友達と別れ別れになるのが悲しくて、業式がすむと、すぐに自殺してしまった女の子がいる。
卒自殺をするのに友達と申し合せて一緒にしようとした女の子がいる。一人は死に、一人は死ななかった。徳川時代に盛んに行われた心中、近松門左衛門がとりあげた、大阪での幾つかの事件を、舞台や映画で見るたびに思うのだけれど、どうして二人で一緒に死ぬのか、二人いたら生きる力も湧こうのにといつも思う。一人では死ねない弱い人間が、二人で死ぬのであろうと思うけれど、友を持つなら、つねに生きることを一緒にという友であリカー死なばもろともの友などは持ちたくない。

中学生相手

をやる勇気を出すという場合が多いけれど、に走るというのは困る友があったおかげで、一人ではできないこと友があって、一緒に万引きや家出などの非行昔からよく言われたことだけれど、死に神のような悪い友で持つべきものは友とは、あったらない方がよい。
ところで子供の頃の私は、友達のいないことがむしろ嬉しかった。孤独であることが実に楽しかった。何よりもつねに自分が自由であるということがよい。あるいは、自分はちょっと変っているのではないかと思うほど、あまり淋しいなどと思ったことがない。

父親に限って


つも書く字が汚いせいもあって、自分のことを激しい女と原稿用紙に書くと、しばしば淋しい女とまちがえられて活字化される。そのたびに自分は淋しい女だと思ったことは一度もないのにとおかしくなるお墓場にはだれもいないけれど、石の下にはそれぞれに、かつて生きていたひとが眠っていると思えば、お墓場はじつはにぎやかなところである。何となく歩いていて楽しく、ついひとり言を言いながら歩いてしまうちょっとごめんなさい。ここに腰かけるわとか、あら、このお花、きれいねなどとお墓の石や花に話しかけると、物言わぬ石や花がにっこりとうなずくような気がする。

学校にまで波及して
学校にまで波及して

子どもは外

歌を歌えばお墓場全体にひびいて石も一緒に歌ってくれるようだいろいろと変った墓石を探して歩くのもおもしろい。野原で花をとっての帰り、知らないお墓でも、いつもお花がなくて淋しそうな石に花を供えたり、水をかえてあげたりしたお墓場には無限の遊びがあった。一つのお寺に何回か通い、また次のお寺をさがして入っ一人で遊びに行って、おもしろい場所の一つに、図書館もあった。
人で電車に乗り、児童向きの図書を出してもらって何冊も読んで帰る小石川、日比谷と頭の中には、童話の中の人物や動物がいっぱいつまっていて、いろいろな話の筋をもう一度思い出し、それらのすべてがたのしかった。友達と一緒だと、いつも相手の意向を考え、自分の行動を相手に合せなければならないのが面倒であった。


練習のやり方でもめてるんだぁ 子どもたちの列車の中の姿はどうでしよう。 練習のやり方でもめてるんだぁ

子どもが自分で教科を選び自発的

子どもが何か悪いことをしたらしい時は静

母。このごろの子供は母の乳房を知らず、哺乳瓶育ちが多いけれど、それでも母が恋しいのである。ひどく叱られて家出する両親が離別し、父にひきとられて、実の母を求めて家出する子もいる。母という存在は、自分を受けとめ、自分を許してくれるものとして恋しい。共稼ぎで、子供のことも忘れて、働らくこと一すじという母親たちが増加しているけれど。私は夫から子供の話を聞き、シナリオ書きなど、やめたくなった。
東京都民生局から出された児童や生徒の生活、手許に、昭和五十三年九月発行の、観に関する調査がある。
価値東京都内の公立小学校六校、私立小学校11校の三、五年生、公立中学校六校、私立中学校の二年生の児童、生徒たちと、その母親を対象にして、六六一二人から回収された回答をあつめたものである長男と長女がそれぞれ三七·三パーセントを示し、次女一一·四パーセント、次男は一三.二パーセント、核家族が七三·九パーセントを示していることは、祖父母のいない、両親と子供1人の家庭が圧倒的に多いということであろう。
子どもらしい遊びを実現する時間がなかったのですす

育てるため

母親たちの年齢は三十五-三十九歳が一番多く、四十-四十四歳がこれにつづく。
の年齢の平均は三十九·一三歳、父親の年齢は四十五.五二歳である。
母親出身地は両親とも東京が四割、学歴は母の五二·五パーセントが高校卒。短大、大学卒合計は二一·六パーセント、父の高校卒が二九·三パーセント、短大、大学卒は三八.五パーセント、母親の四八·六パーセントが家事以外の仕事をもっている。かぎつ子で!
人っ子の子供が多いということであろう。
さて、子供たちにとって小学校の低学年ほど、に女の子にとって、小学校三五年にあっては、ントの高い率で母が大事なひとになっている大事な他者として母親をあげている。

 

母さんにとっての女

殊三六·八パーセントから三九·四パーセおもしろいのは、中学になると女の子であっても、母よりも友人が大事になって来ていること。男の子にあっては小学校も中学校も母親よりは、父親が大事なひとになっていることであるしかも理想の人物として、小学校、中学校を通じて、男女合せて11割以上が両親をあげている。子供は親のうしろ姿を見て育つとはよく言われることだけれど、一応は生意気な口をきくようであっても、反抗的な態度をとるようであっても、子供たちの心の底にどんなにか両親への愛がこめられているか、それは本能的なものであって、それだけ両親をたよりにしているのだといじらしい。
母さんの実感でしょう。子どももついと言ってしまうでしょう。子供たちの行動をしらべる問いにみんなと遊んでいました。
もう帰らないといけない時間です。
でもあなたがぬけてしまうとゲームができなくなってしまいます。
というのがあるそのときあなたは……。
全体で、みんなとゲームをつづけるというのが、男四四·七パーセント、女三五·二パーセント、うちに帰るという答は男五五·二パーセント、女六四·六パーセント。友だちより親のそばにという子供の方が多いのであるまた学校から帰ったらお母さんがいなかった。
せいせいするというのが男三0.11パーセント、そのときあなたは?という問いには女一四·五パーセント、どこへ行ったのだろうとさがすというのが、男六七.五パーセント、女八三·八パーセント。

    1. 教育を始めなければならないのです。
    1. 成長してしまうまでの道程
    1. 育てるために必要な行為

母乳である。

お母さんからお使いにいって来てと言われたら、宿題をやっているとき、宿題があるからだめというのが、男三六.九パーセント、女三七·八パーセント。
いいよと立ってお使いに行くのが、男六二パーセント、女六一·七パーセント。
これらの数字で見る限り、親思いのすなおな子がいかに多いかを知らされる都会の生活はすべてに高物価で、夫婦の共稼ぎは止むを得ない場合が多いしかしそれもこれも、子供の育ちざかりには、いろいろと工夫して、できるだけ子供と接する時間を多くしたい。
たとえ稼ぐ額は少なくなってもというのが私の願いである平成二年九月に、内閣総理大臣官房広報局から、女性に関する世論調査が出されている。
子どもも祖父
子育てにとってプラスになる部分も潜んでいます。

子どもは産んだ本人

全国五000人の婦人を対象にしての婦人の意識を調査したもので、男は仕事女は家庭という考え方に対する意識をしらべてみると、同感するとしたのが総数で一九.三パーセント、同感しないというのが三九·一パーセント、東京では同感する、二七·七パーセント、しないが四一·六パーセントで、女でも適材適所で外に出て仕事すればよいという考え方は東京が全国をうわまわり、その年齢も、二十歳から二十九歳と、若いひとに多い。同感するのが二四·二パーセント、しないのが四八.八パーセントである。そのあと、年齢が高くなるほどやはり男は仕事女は家庭という考えが多くなっている女が仕事をもつことは女の地位を高めるのに役だつと思うというのも、二十歳から二十九歳のひとが一番多い。
ここからも考えられるのは、結婚にさいしての若い女性が、できれば結婚後も仕事をつづけたい。それが女の地位を高めるのに役だつと考えていて、実際の結婚生活の中で、仕事と家庭の両立がむずかしくてやめてゆき、子供が生まれていよいよ仕事に就くことがむずかしいとして、不平不満を抱いている状態である。