先生と親が一緒になって

成績が落ちるのではない

そしてこれを積極的にやらせることこそ、子供の自立心を育てる良いきっかけとなるのです。お手伝いの項でもちょっと触れましたが、とくに自分の仕事が家族の役に立ち、喜ばれていると感じさせることは、子供の成長に計り知れない効果をもたらします。
そのためにも、子供に分担させる仕事はあれこれと変えるのではなく、一つのものを完全に任せたほうが良いでしょう。たとえばご飯を炊かせるといったことは、男の子·女の子の区別なく幼児でも可能ですし、毎日の生活に欠かせない仕事ですから、子供に任せるに最適といえます。
ただしこの際、どんなに小さな子供でも一人前の家族のメンバーとして扱い、100パーセントの信頼を置いてやるのでなければ、何にもなりません。子どものバイオリズムをよく見て少しくらい仕事にかかるのが遅れるようであっても、これを監視するという態度でガミガミ叱るのでなく時にはおかずの天ぷらがすっかりあがってしまったのに電気釜はからっぱといった失敗もあえて体験させるべきです。自分にしか果たせない責任の重大さを思い知ることで、子供は二度と同じ過ちを繰り返さなくなるでしょう。
小学校の中·高学年になれば、家庭新聞の編集長に任命するなども良いと思います。
何と言つても栄えあるの座につくのですから、やる気も湧いてこようというものです。こんな積極性が、生活面や勉強面の自主性へと反映されてくるのです。
我慢を教えるのが本当の親心2戈旦【禁句】「あら、タクちゃんもシンちゃんも持ってるの。
だったら買ってあげましょうね」
【名句】
二週間我慢してごらん。

  • 子どものうちはもうどこまででも可愛がってやる
  • 子どもの心の状態をうまく察知して
  • 母がけなし専門だったのでおかげ

子育て家事につ

それでもどうしても欲しかったら、もう一度言いにおいで浩宮さまが初等科四年生になられた秋、日曜日に何人かのお友だちを招き、で三角ベースの野球を楽しまれるようになりました御所のお庭ところがお友だちのほうは全員がハリキッてユニホームを用意してくるのですが、宮さまにはそれがありません。ボクも欲しいと言い出されたのは、当然のなりゆきでした。
お立場からすればユニホームの一着ぐらい、何の問題もないのは確かです。しかし美智子さまは、あえてすぐに与えることはなさらず、この次のクリスマスまで待ちましょうね
とおっしゃったのでした。
教育産業にお金も時間もつぎこんでいます。
三カ月ほどの辛抱の末、宮さまが手にされた待望のユニホームは、じ背番号3。大切な宝物がまた一つ、新たに加わったのです。
憧れの長嶋選手と同今の子供は、あり余るほどの物質に囲まれて暮しています。欲しいものは望めば比較的簡単に手に入るために我慢する心物を大切にする心をなかなか知ることができません実際、子供が欲しいと言ったものを、親はあまりにも簡単に買い与えすぎるのではないでしょうか。とくにだって、みんなが持っているんだよの一言に弱いのです。勉強また猛

子どもと一緒に考えてあげましょうまずはいまの状態

親にしてみれば、我が子にみじめな思いはさせたくない、仲間外れにされたら可哀相だと思うのでしょうが、多くの場合みんなが持っているのは一過性の流行ゆえですから、流行が次に移れば、子供はせっかく買ってもらったものには見向きもせずに、また新しいものを欲しがります。いちいちそれに付き合っていたらキリがありません。
子供に何を与え、何を与えるべきではないかの基準は、みんなが持ってるかどうかではなく、値がはるかどうかでもなく、子供にとって本当に必要かどうか
です。この見きわめは簡単です。とりあえず我慢させればいいのです。勉強また猛

勉強また猛

まとまったものならクリスマス、お誕生日などの大きな節目まで、ちょっとしたものなら二週間だけ待たせてください。子供は気まぐれですから、テレビのCMで見て欲しくなったなどの理由でおねだりにきますが、日にちがたつとケロリと忘れてしまいます。これは必要なものではないわけです。二週間我慢して、それでもどうしても欲しいというものなら、この時点で初めて真剣に相談にのってあげましょう。
待ちかねてようやく手にしたものをこそ、子供は本当に大切にするのです。
子供同士の付き合いはソントクではありません【禁句】「あんな子と付き合うんじゃないのよ。
フミオ君と仲良くするほうが、ずっとためになるわ」
【名句】


子どものバイオリズムをよく見て 先生と親が一緒になって 子育ての上ではなかなか大切なところですそんなわけ

子どもの言い分と実態をよく見つめ

勉強のくせだけはつけておきたいと願う

福地さんのお母さんは大変にほめ上手なお母さんで、勉強がよくできた時にもよくやったねとほめてくれるし、小さい頃から描いていたマンガも決してやめさせることなく、やはり同じようにあなたは絵も上手ねと、ほめてくれたとか毎日きちんと机に向かって復習予習をした時、テストでいい点を取った時、偉いわね
よくやったねとほめることは、だいたいどのお母さんにもできるのです。
子どもに向き合うかが問題なのです。

子供のころを考えてみる

体験もない。

問題は子供が勉強とは直接関係のないことに熱中している時に
こんなことしてる暇があるんなら、勉強したらどうなの寺こ、と叱るか、それとも、たとえそれがお母さんの期待に沿うものでなかったとしてもへえ、上手なのねえ。たいしたものだわ
と認めてあげられるか、このへんがほめ上手のお母さんになれるかどうかの分かれ目のようです。
「それは分かりますが、絵が上手だとしても、将来それを職業にできるとは限らないじゃありませんか。あてにならない才能を磨くよりも、その分勉強しておけば、とりあえず、それなりの役に立つし……」
そんなお母さんの声が聞こえてくるような気がします。けれども勘違いしないでいただきたいのは、あらゆる可能性を認めるといっても、それは将来、ひょっとしたらこの道で大成するのではないか
などという妙な期待から、そうするのではないという点です。


母さんみたいにはなりたくない
母さんみたいにはなりたくない

子どものほしがるものを与え続ける

子どもたちと話すどんな事柄であっても、子供はほめられれば嬉しいと感じます。
喜びは他のすべての面そういうことにも通ずる自信へとつながり、なのです。
やる気が出てきます。
ほめ言葉の効用とは、絵が上手い、歌が上手い、あるいはモノマネが得意、早口言葉なら誰にも負けない。そんなことだって、いいじゃありませんか。自信がつくキッカケとなった上に、それが趣味となって人生が豊かになるなら、大いに結構だと思います。
自分の頭で考えられる子供にするために【禁句】「ああ、その答えはね、00よ。
分からないことは何でも聞きなさい」
【名句】「もっとよく自分で考えてごらん。
それでも、どうしても分からなければ一緒に考えようね」
母さんがどなればどなるほど練習してたの?子供が学校へ行きだしたら手もかからなくなると思っていたんですけど、逆ですわ。毎日毎日、あれはどうしてなの、これは何故なのって、うるさいぐらい聞きにくるし。おまけに宿題をしたノートを失くしただの、下敷きが見つからないだの、ひっきりなしに問題を持ちこむんですからね小学二年生になるヨシコちゃんのお母さんは、いつもそう言ってタメ息をついています。
けれど、よくよく聞いてみると、何もヨシコちゃんが人一倍好奇心が強いわけでも、特別にそそっかしくて問題を起こしてばかりいるわけでもないことが分かってきました。実はヨシコちゃんを手のかかる子にしてしまっているのは、お母さん自身だったのです。
このお母さんはヨシコちゃんが消しゴムが見つからないのと訴えれば、引き出しの中じゃないのと言いながら捜し出してくれますし、筆箱のチャックが引っかかっちゃったわと言えば、どれ、貸してごらんとサッと直してくれます。

小学校教師になりたいことを父に告げた。

小さい頃からすっかりそれに慣らされてきたヨシコちゃんは、何かあっても自分で努力せずに、まずお母さんのところへやってくるのでした。
だから勉強に関しても同じです。本を読んでいて分からない字があれば、お母さんがすく教えてくれます。テストで間違えたところも、お母さんに真っ先に答案を見せて、正しい答えを聞くのです。
これでは、依頼心の強い甘えん坊になるばかりか、自分の頭では何も考えようとしない子供になってしまうのも、不思議ではありません。ここでももの分かりの良すぎるお母さんは失格なのです。
小学生ともなれば生活面でも知的な面でもかなりしっかりしてきていますから、何でもまず自分でやらせてみて、それでうまくいかなければ手を貸す、というふうでなければいけません。解けない問題もすぐに答えを教えるのではなく、考え方だけを示して自分で解決の努力をさせます。
辞典や図鑑の引き方もなるべく早いうちから教えて、自分で調べる習慣をつけさせましょう。
子どもに向き合うかが問題なのです。


子供がかわいそうです
子供がかわいそうです

学校から言われてようやく届けたのである。

一人ではちょっと難しいと思われれば、お母さんも知らないふりをして一緒に調べるのです。そうして得た新しい知識は、より印象深く子供の頭に残るはずですから
子供が少しでもやる気を見せたら【禁句】また計画倒れあなたは何でも三日坊主ね
【名句】「自分の計画も守れないのは困るわね。
でも、計画に無理があるのかも知れないわよ」
小学生も中学年から高学年になってくると、一日の生活時間や長期的な勉強計画を、すすんで作る子供も出てきます。夏休み前にそんな計画表を提出させる学校が多いので、休みが明けても引き続き、というケースが目立つようですが、こういった自主性は大切に育てていきたいものです。

子どもをこれまでの一流と呼ばれる