You are here: Home > >

シェアオフィスの利点と難点

複数の人が一つの家で暮らしながら一部屋のみ個人用に使用して、リビングルーム、トイレ、バスルームなどを一緒に使用している「シェアハウス」のように、オフィススペースを複数人で一緒に使用するシェアオフィス事業が最近注目を集めている。

敷金と家賃負担を軽減するために学生などが単独で賃貸せず、一緒に住んで住居費の負担を少なくすることができるシェアハウスを好むように、オフィス賃貸保証金や家賃の負担を感じる新起業家やフリーランス、本社移転後の残されたいくつかの部門やチームがシェアオフィスサービスを利用している。
シェアオフィスサービスは、コワワーキングスペース、無店舗事業(SOHO・ソーホー)オフィス、ビジネスセンターなど、さまざまな名前で呼ばれる。
一般的なオフィス賃貸では、オフィス面積をや立地を基準に取引が行われるが、オフィスの共有サービスでは、人数に応じて料金が決定されるところもある。
価格は、契約期間などによっても変わる。


利用者が共同で利用することができるコピー機やファックスなどのオフィスオートメーション機器を備えているところや少人数の打ち合わせから、大人数のセミナー等を開催できる会議スペースの用意もある。


管理費や電気代、水道使用料のような管理費を追加で出さなくてもよく、机や椅子などのオフィス家具を購入する必要がないということも利点である。


一般的なオフィス賃貸建物ですと管理費のほか、電気代と水道代、インターネット使用料、必要家具類の購入など全ての準備しなければならない。
また、一般的なオフィス賃貸借は、契約期間が通常1~2年ごとであるが、オフィスの共有サービスは、時間単位から日、月、年などの契約期間が比較的自由に選択できる。
利用者用の共有スペースを使用するので、自然に交流もでき、コラボレーション環境が造成されていることも利点である。


利点だけではない。
他人と空間を一緒に使う状況なので、開放された空間を利用する場合、ノイズやセキュリティなどの問題が発生することもある。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans