父親の生き方

子どもの頃から自由にふざけながら育ってきました。

言うまでもなく、あとの方のお母さんは二つの点で間違っています。一つは何の根拠もない誤った価値観を教えていること。この子は将来きっと、労働を軽く見るようになってしまうでしょう。そしてもう一つは、子を諭すのに決して他の人格を誹謗してはならないというタブーを犯している点です。前に、別の人間との比較で子供を叱るのは手抜きだと言いましたが、さらにその相手を侮辱するようなことは、絶対に口にしてはならないのです
今度のテストは八十点だったのね。よくやったわ。まあ、マサキ君は九十点なの。それじゃあ何にもならないじゃないの。いつもいつもあんな子に負けて、口惜しくないの「ピアノのお稽古、レイコちゃんはもうソナタに進んだんだって。母さんがどなればどなるほどしっかりしてよ、あなたのほうが才能があるんだから。練習が足りないんじゃないかしら」
さとひぼうこれなどもそうです。お母さんには、特別意識して相手の子を侮蔑しているつもりはないのかも知れませんが、こういったことを子供は敏感に感じ取ります。せっかくの友情を、お母さん自ら台無しにしてしまう結果にもなりかねません。
勉強もお稽古事も競争ではないのですから、ことさらに他の人間を引き合いに出す必要などないはずです。こんな言葉に励まされて、マサキ君より成績が良くなり、レイコさんよりピアノが上達したとしても、この子たちは人間として一番大切なやさしい気持ちを失ってしまうのではないでしょうか。
子供が学校で叱られてきた時は【禁句】「まあ、そんなことで叱るなんて、ひどい先生ね。
あなたは悪くないのに」
【名句】「どこか悪い点があったから叱られたんだと思うわ。
どの点か、よく考えてごらん」
親が子供を可愛いと思うのは当たり前です。なかには度がすぎて、何があろうと自分の子供だけは悪くない、と思いこむ親もいますが、これはどんなものでしょうか。

  • しつけなどこの世に存在しません。
  • 育てることにつながるようだ
  • 子どもの心をかえって

子育てとは単

最終的に親は子供を信じてやらねばならない、とは、どのような間違いを犯そうとも、この子は人間的にダメなのだと見捨ててしまわないこと、という意味であって、どんな良い子でも、やっぱり過ちはあるのです。
それを素直に認めずに、叱った先生のほうが悪いなどと言ってはいけません。たとえ本当にそうとしか思えない状況だったとしても、少なくとも子供の前でだけは、先生への信頼を打ち砕くような言葉を、親のほうから口にしてはならないのです。

先生がそうおっしゃったのは、それなりのお考えがあったからだと思うわ。でも、もしかしたら何か勘違いなさったのかも知れないから、今度お会いした時に、お母さんからもお聞きしてみましょうねと軽く受けておいて、後から先生と納得のいく話し合いをすればいいことです何も私が長年教職についていたから、先生を立てなさい、などと言っているのではありません。
大学そのものがもうほとんど目的化されました。
先生を信じられない子供は不幸だからです。そしてその信頼を失わせるのは、先生自身の力量不足だけが原因なのではなく、お父さんお母さんの不用心な一言がきっかけとなるケースが、意外に多いのです今年も担任が男の先生だったら良かったんだけどねえ
あの先生も、まだお若いから……
何気なくポツンと漏らしたお母さんのつぶやきだって、のです子供はしっかりと聞いているもついでにもう一つ付け加えておきますが、子供が学校で叱られてきた時、逆にまあ、また廊下に立たされたの。子どもの関係

母親があるい

みっともないわね
「お母さんも先生に呼ばれて、注意を受けたのよ。恥ずかしいったらありゃしない」
そんな言葉で、「恥をかかせて傷ついた子供に追い打ちをかけることもやめてください。
言ってはならない禁句です。

の一言は、
夕焼けってお空が恥ずかしがっているの【禁句】「違いますよ。
そんなことテストの答えに書いたらバツなのよ。
分かってるの」
【名句】
そうね、それは面白い考え方だと思うわ。
でも、こういうことも覚えておいた女優の中村メイコさんが幼い頃、お父さんに夕焼けはなぜ赤いのと尋ねたところ、理論的な説明ではなくてお空が恥ずかしがっているんだよという大変美しい答えが返ってきたそうです。子どもの関係

子どもの関係

また有名な話ですが、氷が溶けたら何になるかと問う理科のテストに氷が溶けたら春になると解答した子供がいたと聞きます。
子供は詩人と言いますが、まったく大人が気付かないようなことを発見したり、大人が少しも心を動かさなかったところから感動を引き出す独特のすばらしい感性を持っているものだと、私も痛感します。時には、大人のほうが大いに教えられることもあるほどですこれをくだらないと否定してしまうのは簡単ですが、子供にしかないこの豊かな感性を大切に育ててやることも、やはり親の仕事の一つでしょう。その意味で、子供に劣らぬ柔軟な心で当意即妙の答え方をなさったメイコさんのお父さんは、本当にすばらしい方だと思います。
しかし、です。この答えは学校のテストではバツなのです。
答えた生徒も、当然バツをもらいました。


母さんがどなればどなるほど 教育的状況ではないだろうか。 子どもの言い分と実態をよく見つめ